[もし検チャレンジ]もうすぐ2級試験!

もしもし検定のNSGコーポレーションです☆

 

今日は良いお天気ですね。

今日11月23日は「勤労感謝の日」です。

少し調べてみましたら、1948年(昭和23年)に制定された国民の祝日です。

戦前の新嘗祭の日付をそのまま「勤労感謝の日」に改めたそうです。

「勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」日です。

 

本日も皆様に、もしもし検定2級の過去問題をご紹介いたします。

メディエーションです。

 

 

【問題】メディエーション 2020年2月(2021年版電話応対技能検定1・2級公式問題集)

メディエーションの場面で、メディエーターの役割として求められることはいくつありますか。

次の選択肢から1つ選びなさい。

 

ア.交渉すること

イ.評価すること

ウ.傾聴すること

エ.解決すること

 

【選択肢】

1.1つ

2.2つ

3.3つ

4.4つ

 

 

 

 

 

さて、解答・解説です。正解は『』です。

1.✖

2.✖

3.〇

4.✖

メディエーターは、話し合いによって当事者の問題を解決するという役割から、

当事者の話を傾聴することが求められます。

メディエーターが直接的に当事者と交渉、評価、解決するものではありません。

選択肢の中で、メディエーターの役割として求められることは1つなので、正解は1.です。

 

皆様、如何でしたでしょうか。

今日は、毎日頑張っている自分をほめて、

お互いに感謝の気持ちを伝えてみましょうヨ。

今日も笑顔の一日☆

M.O