[もし検チャレンジ]もうすぐ2級試験!

もしもし検定のNSGコーポレーションです☆

 

本日最後、皆様にもう一つ、もしもし検定2級の過去問題をご紹介いたします。

個人情報です。

 

 

【問題】個人情報 2020年2月(2021年版電話応対技能検定1・2級公式問題集)

個人情報の第三者提供は禁止されていますが、

例外として、本人の同意が無くても第三者に提供できる場合があります。

例外に該当するものはいくつありますか。次の選択肢の中から1つ選びなさい。

 

ア.警察、裁判所、税務署からの照会

イ.災害時の被災者情報の家族・自治体への提供

ウ.児童生徒の不登校や、児童虐待の恐れのある家庭情報を関係機関で共有

エ.国や地方公共団体の統計調査への回答

 

【選択肢】

1.1つ

2.2つ

3.3つ

4.4つ

 

 

 

 

 

さて、解答・解説です。例外に該当するものは『』です。

1.〇

2.〇

3.〇

4.〇

本人の同意がなくても、個人情報を第三者に提供できる例外について、

法律で、以下のように定められています(個人情報の保護に関する法律第23条)。

 

一 法令に基づく場合

二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、

本人の同意を得ることが困難であるとき。

四 国の機関も若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して

協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

 

したがって、選択肢のすべてが本人の同意がなくても第三者に提供することができる場合に当てはまるので、

正解は4.です。

 

皆様、如何でしたでしょうか。

明日もきっと優しい一日。

笑顔☆

M.O