[もし検チャレンジ]もうすぐ2級試験!

もしもし検定のNSGコーポレーションです☆

 

皆様、おはようございます。

今日は風がとても強いですね。電車のご移動は大丈夫でしたでしょうか。

強風の影響があった方もいらっしゃるのではと思います。

 

さて、本日も皆様に、もしもし検定2級の過去問題をご紹介いたします。

コミュニケーションツール・電話メディアです。

 

 

【問題】コミュニケーションツール・電話メディア 2020年12月(2021年版電話応対技能検定1・2級公式問題集)

スマートフォンを使い、個人情報を送受信する場合のリスクについて、正しいものを1つ選びなさい。

 

1.電話を使って口頭で伝える場合、盗聴の恐れはなく情報漏えいリスクはない。

2.通信事業者が提供するメールは暗号化が施されており、個人情報を送受信するのに適しているといえる。

3.コミュニケーションアプリは、二者間でダイレクトに、かつリアルタイムに送受信しているので、

個人間で送受信する範囲ならリスクはない。

4.専用アプリを用いた通信販売サービスで、暗号化などセキュリティ対策が施されていれば、

通信は保護されているといえる。

 

 

 

 

 

さて、解答・解説です。正しいものは『』です。

1.✖ 話す声を周囲で聞かれることで情報漏えいリスクがあります。

2.✖ 受信者に到達するまで、完全に暗号化されるとは限らないことから、

個人情報を送受信するのに適していません。

3.✖ 二者間だがダイレクトに、リアルタイムに送受信してもリスクはあり、

個人間だとしても利用を避けなければなりません。

4.〇 通信販売サイトなどが代表として挙げられます。

 

皆様、如何でしたでしょうか。

肩の力を抜いて、深呼吸。

さぁ、今日も笑顔の一日☆

M.O