新入社員研修とは?

もしもし検定のNSGコーポレーションです!
弊社でも4月に開催を予定しております「新入社員研修」について、
一般的にどのような目的でおこなっているかご存じでしょうか?
ここで改めて再確認したいと思います。

 

新入社員研修とは

「新入社員研修」は、企業に入社した社員を教育・指導するための研修。
主に新卒入社者を指し,入社後の春に実施されるケースが多い。

 

新入社員研修の内容(目的)

業務上で必要となる知識や技術はもちろんですが、企業理念や就業規則などの会社の情報やルールを知り、
さらにコミュニケーションスキルや礼儀・ビジネスマナーなどの業務以前の人間力の部分まで幅広く習得することが目的です。

新入社員研修で企業のことを正しく理解することにより配属後のギャップを埋めることができ、早期離職を防ぐことができます。

ほかにも同期と顔を合わせる機会になるので、社員同士のつながりができるので、配属後の悩みや不安を解消できる効果も期待できます。

 

[新入社員研修の主な内容]

  • 礼儀やビジネスマナーを身に付ける
  • チームワークで必要なコミュニケーションスキルを身に付ける
  • 入社した企業の経営理念・業務内容を知る
  • 業務について基礎知識やスキルを身に着ける
  • 組織の一員としての自覚を持ち、自分の役割を認識する

 

まとめ

近年の新入社員の傾向は、「真面目で勉強熱心だが、自分が納得しないと動かない」傾向にあると言われています。

「何のためにこの研修が必要であるのか?」

研修の趣旨を事前にしっかりと説明し、正しく理解してもらうことが大切です。いわゆる体育会系的な研修ですと時代にマッチしないかもしれません。

NSGコーポレーションでは、人を思いやる、気づかう等、目に見えないいわゆる、
「人間性・人間力」を大切にしています。
オンライン・テレワークになってさらに見えなくなってきている部分です。

これらを、どの様な言葉で伝えて、どの様に理解してもらって実際に体感してもらえるか・・
それぞれが実社会の中であるいは、ビジネスの現場に生かしてもらえるかを重点的に考えています。
「現場に生かす・実務に活かす」ことにより、自信に繋げてもらいたいです。
 
2021年度新人社員研修詳細はこちらです